うまく充電できない?充電式補聴器の充電トラブル解決法

最近は取り扱いやすい充電式補聴器を使用する方が増えています。充電式補聴器はスマートフォンやタブレットPC等多くの電子機器と同じく、リチウムイオン充電池を使用しており、繰り返し充電できるので便利ですね。ですがもし充電できないというトラブルがあったらどうすればいいでしょうか。シグニアの人気充電式補聴器の充電時の注意点をご紹介します。 

充電式補聴器の種類

シグニアの充電式補聴器には、大きく分けて2種類の充電方法があります。

 

●接触型充電

補聴器の本体と充電器に、それぞれ小さな充電用の金属端子があり、その端子同士が接触して充電するタイプです。シグニア大人気のスタイリッシュ補聴器、Signia ActiveStyletto Xはこのタイプです。


●非接触型充電

充電器の中に入れるだけで充電が始まるタイプで、端子同士が接触しなくても充電されます。シグニアでは「置くだけ充電」と名付けています。名前の通り、充電器にポンと入れるだけで正しい位置に収まって充電されるので、細かい作業が苦手の方におすすめの器種です。Signia XperienceシリーズのPure Charge&Go Xと、Motion Xの3器種は、そのタイプです。
【シグニアの最新充電式補聴器はこちら】


 充電されなかった!どうして?

シグニアの接触型充電式の補聴器、Styletto XとSignia Activeは、充電ケースのスロットに正確に補聴器を入れれば充電できるように設計されています。充電できないのは多くの場合、補聴器と充電ケースの端子同士が正しく接触していないためです。

 

補聴器がちゃんとスロットの奥に納まっていないと、このようなことが起こります。しっかり奥まで入れないままフタを閉めたり、補聴器の部品が邪魔して浮いてしまったり、左右逆に入れたりした場合、端子が正しく当たらず充電できないことがあります。


 まず正確に補聴器をセットできているか確認


「補聴器がうまく充電されない」という場合、まずは上記の図のように正しく充電ケースに入れたかを確認してください。そして、充電を示すライトが光るかどうか見てみましょう。また、充電端子に汚れが付いていないかも確認してください。汚れていると接触が悪くなるので、綿棒等で取り除いてください。できれば毎日の充電の時に確認するように習慣づけると、トラブルが少なくなるでしょう。

 

また、出かける前に充電されていないと分かった場合も慌てないでください。シグニアの充電式補聴器はスピード充電が利用できます。30分で数時間分の電量を充電できますので、万が一の時も安心ですね。

 

Styletto XとSignia Activeは、「30分充電で約5時間使用可能」です。この2器種の充電ケースはコンパクトなだけでなく、バッテリーを内蔵していて蓄電機能が付いています。充電ケースをフル充電したら、ケースだけで両耳の補聴器を3回フル充電することができます。外出する際は、充電ケースも持っていくと安心です。

 

 電力の消耗が早いと感じる時は

 

使用環境によっては、電力の消耗が早くなる場合があります。Bluetoothを利用してTVやスマートフォンの音声を補聴器で聞く時や、長時間騒がしい場所にいる場合などです。ですが、シグニアの充電式補聴器はフル充電で約20時間前後使用できるようになっており、電池切れの心配はあまり必要ありません。

 

もし朝に補聴器がフル充電の状態だったにも関わらず、補聴器が終日使えないということが続く場合は、購入したシグニア補聴器取扱店に相談してください。

また、充電式補聴器は保管や充電の方法によって、充電池の寿命に影響を与えることがあります。ぜひ下記の記事をご覧いただき、充電式補聴器を良い状態でより長く使うための注意点をご確認ください。

【充電式補聴器の保管・充電についての注意点はこちら】

 充電式補聴器を使う場合、空気電池の購入が不要になりますので、補聴器販売店に行く頻度が低くなる傾向があります。そのため、補聴器の異常に気が付かないこともあるようです。補聴器は精密機器です。充電式をお使いでも定期的に販売店に行き、点検、メンテナンスをしてもらうことが大切です。

 

正しいお手入れで、長く補聴器をお使いください。

トップへ