3月3日は世界の「耳の日」。良い聞こえを保つには?

3月3日は桃の節句、ひな祭りの日ですね。それから「耳の日」でもあることをご存知ですか?そして実は、日本だけでなく世界でも「耳の日」なのです。WHO(世界保健機関)が設定した「World Hearing Day」(ワールド・ヒアリング・デー)です。「耳の日」には、聴力にまつわるデータの発表や、「耳と聴覚のケア」に関する啓発活動が世界各国で盛んに行われます。今年のWHOの「耳の日」テーマは「To hear for life, listen with care!」。いったいどういう意味でしょうか。

「耳の日」の由来

「耳の日」は「ミミ」という語呂合わせや、「3」が耳の形に似ていることから3月3日なのだ、と何となく想像がつきますね。日本で「耳の日」が制定されたのは1956(昭和31)年です。耳や聴力について多くの人の関心を集めること、そして難聴と言語障害をもつ人たちの悩みを少しでも解決することを目的として、日本耳鼻咽喉科学会の提案により制定されました。それから約50年後の2007年、WHOが3月3日を「International ear care day」(国際耳の日)とすることを宣言しました。2016年からは「World Hearing Day」という名称に変更されました。やはり「3」が耳の形に似ているという感覚は万国共通ですね。

WHOの今年のテーマは「To hear for life, listen with care!」

WHOは「To hear for life, listen with care!(生涯良い聞こえを維持するために、気をつけながら聞こう)」と呼びかけています。2021年WHOが発表した「世界聴覚報告書」では、難聴のリスクがある人が近年増えていることが浮き彫りになりました。最新のデータでは世界で15億人が難聴を抱えて生活しており、2030年までにその人数は約25億人に増えるとしています。

【出典】WHOのホームページ(https://www.who.int/health-topics/hearing-loss#tab=tab_1)


どうしてこんなにも難聴者が増えるのでしょうか。これまで存在した理由である加齢、遺伝、病気による聴力損失に加えて、もう一つ大きな理由ができたからです。それは、スマートフォンなどの携帯音楽機器で長時間、大音量の音楽を聞き続ける若い人が増えている、ということです。

スマートフォンの普及とともにヘッドフォンなどの音響機器も進化し、より良い音響環境や臨場感を得られる技術が開発されています。しかし、使い方を間違ってしまうと、耳を傷めて聴力に悪い影響を与えてしまうことがあります。

また、イヤフォンだけではなく、コンサート会場やモータースポーツの観戦など、現代社会では長時間大きな音にさらされる場面が増えています。騒音にさらされることによって引き起こされる「騒音性難聴」のリスクを減らすために、大きな音への暴露を最小限にして「気をつけながら聞く」ことが重要です。

WHOの世界聴覚報告書


 騒音性難聴とSafe Listening 

【出典】WHOのホームページ(https://www.who.int/health-topics/hearing-loss#tab=tab_1)


現在全世界で100億以上の若い人(12-35歳)が騒音による難聴のリスクにさらされています。人間の聴力が年齢とともに衰えていくのは自然なことですが、必要以上に騒音にさらされて、聴力がいままでよりも早く低下するのは自然ではありません。WHOは生涯を通して良好な聴力を維持する手段として、安全に聞くこと(Safe Listening)がとても重要だ、と指摘しています。そしてSafe Listeningのためにエンターテインメント会場など向けに世界的な基準を設定し、政府の意思決定者や娯楽施設の所有者、一般の人向けにハンドブックを発表する予定です。

騒音性難聴についてはこちら


 

WHOのMake Listening Safeのマーク

【出典】WHOのホームページ(https://www.who.int/activities/making-listening-safe)


良い聞こえをできるだけ長く維持するために、日常生活の中でどうのように聴力を守ればいいのでしょうか。実は意外と簡単で、騒音対策をすること、耳の衛生管理を行うことで、良好な聴力を維持し、難聴の可能性を減らすことができます。騒音性難聴を防ぐ最も簡単な方法は、どんな場面でも音の大きさに注意することです。


●ボリュームに注意

耳は環境に適応しやすく、大きすぎる音に慣れてしまうこともあります。音楽を聞くときは適正な音量設定を心がけてください。

●時々耳を休める

長い時間音楽を聞き続けることは、聴覚への大きな負担になります。耳にも休憩時間が必要です。コンサートの翌日は大きな音を聞かないようにして、耳を休めるなどしてみてください。

●騒音のある環境に注意

音量85 dB以上の大きすぎる音が聞こえたら、耳を痛める前にその場から立ち去ってください。

●耳栓で耳を守りましょう

すぐに大音量の環境から離れられない場合、耳栓などを活用しましょう。今は様々な耳栓が販売されています。会話や必要な音は聞こえるけれど、耳に負担がかかる音はシャットアウトしてくれるものもありますので、ぜひ試してみてください。


シグニアの簡単オンライン聴力チェックはこちら

トップへ