電池が減るのが早い?冬の補聴器電池の正しい使い方とは

冬になると、補聴器用電池の寿命が短くなると感じることはありませんか?実は、補聴器に使われる空気電池は、周囲の温度や湿度に大変影響されやすいものです。

電池の寿命を縮める3大要因

それは「低い温度」、「乾燥」、「二酸化炭素」です。補聴器用の空気電池は化学反応によって発電しています。温度が下がると反応が鈍り、電圧が上がるまで時間がかかります。また、乾燥と二酸化炭素は電池を劣化させ、電池寿命を縮めてしまいます。

この3大要素は、冬の特徴そのものです。冬は寒く、空気が乾燥し、換気の頻度が減るために室内の二酸化炭素濃度が上がります。だからこそ、冬は補聴器用電池に対してのちょっとした心遣いがい必要になります。

冬の電池の上手な使い方

1.電池や補聴器が冷えているときは、乾いた清潔な手で電池と補聴器をそっと温めてから使用してください。(低温防止)

2.補聴器を乾燥ケースに入れる際は、電池を補聴器から取り出し、電池は乾燥ケースに入れないでください。(乾燥防止)

3.石油、ガスストーブ等の暖房器具を使用する場合は、換気を十分に行ってください。(二酸化炭素濃度を下げる)

※1日など極端に短い期間で電池がなくなる場合は、補聴器が故障している場合もあります。補聴器販売店へ点検を依頼してください。

 

また、補聴器用の電池は購入時にシールが貼られています。このシールは電池に空いている小さな穴をふさいています。シールを剥がすとこの穴から空気(酸素)が取り込まれて、発電するのです。つまり、シールをはがしてしまうと、補聴器を使用していなくても電池がすこしずつ消耗してしまうということです。補聴器を使用しなかったのに電池残量が無くなってしまった、というのはこれが原因かもしれません。新しい電池のシールをはがしたら、なるべく補聴器を使い続け、電池を使い切る習慣をつけましょう。

 

補聴器用電池を少しでも長く使えるよう、ぜひコツをおさえてお使いください。


 充電式補聴器のおすすめポイント

補聴器用電池は性質上、寒い時期にどうしても寿命が短くなりますが、充電式補聴器は低温状態でも空気電池ほど影響を受けないため、寒い地域に住んでいる方にお勧めです。また充電式補聴器を使う場合、電池の購入、毎日の出し入れや廃棄は不要になります。補聴器用電池の交換や廃棄が面倒だと思っている方にとって、充電式補聴器は良い選択肢になります。

シグニア補聴器は、いろいろな形状と機能の充電式補聴器を多種ご用意しています。あなたの聞こえや生活スタイル、お好みに合わせて選択することが可能です。充電式補聴器に興味がある方は、シグニア補聴器の2週間お試しプログラムを利用してみませんか?きっと、その使いやすさに驚くと思います。

 

【シグニアの最新補聴器ラインナップはこちら】

【シグニア補聴器のお試しレンタルはこちら】

トップへ