取り扱いがとても簡単!シグニアの最新充電式補聴器について徹底解説

最近、「充電式補聴器」という言葉をよく耳にするようになりました。補聴器といえば小さなボタン電池を入れる物だったのですが、今は充電式が主流とも言われるほどメジャーになっています。今回は「充電式補聴器はどんなものなのか」、「何で人気なのか」など、充電式補聴器について徹底的に解説いたします。

なぜいま充電式補聴器が増えている?

ほんの少し前まで、補聴器のほとんどは小さなボタン電池を使う「電池式補聴器」でした。ですが、充電池の進化と共に充電式補聴器が発売されるようになりました。

補聴器用のバッテリーは、小型で大容量、かつ安定性が高い必要があります。リチウムイオン充電池が進化するに従い、この条件に合う充電池も開発されるようになりました。それを使った補聴器が次々と発売され、人気を博しています。

どうして充電式補聴器は人気があるの?

充電式補聴器の人気のヒミツは、なんといってもその取り扱いやすさです。


1.電池交換不要、取り扱いが簡単

近年補聴器の小型化が進んでいるので、小さい補聴器に小さい空気電池を入れる作業は、手間がかるとともに難しいものです。入れ間違えて補聴器を破損させてしまうことも。充電式補聴器は充電が切れたら充電器に入れるだけですので、細かな作業は不要です。

 

充電する間は使えないのでは?と心配する方もいらっしゃいますが、今はフル充電すると十数時間使える器種がほとんどですので、寝る前に充電をしておけば、1日電池切れの不安なく補聴器を使用することができます。


2.電池購入・処分の手間も省ける

補聴器用の空気電池は、補聴器販売店や家電量販店で販売していますが、家の近くにお店がない場合、わざわざ遠くまで買いに行かなければいけません。また、電池の処分にも注意が必要で、市町村が決めた分別に従うか、購入した補聴器販売店の電池回収BOXまで持っていく必要があります。充電式は電池の購入・処分の心配がありません。

シグニアの最新充電式補聴器

シグニアの充電式補聴器ラインナップはとても豊富。そのうちのいくつかをご紹介します。

●ポータブル充電ケース付き、おしゃれで持ち運び便利な補聴器

 シグニアのStyletto XSignia Activeは、そのスタイリッシュさが際立つ補聴器です。補聴器と思えない革新的なデザインは、おしゃれ感やカッコよさを重視する方にお勧めです。


専用のコンパクトな充電ケースはバッテリー内蔵で、ケースだけで補聴器を3回フル充電できます。短期間の旅行や出張は充電ケースだけ持っていけば十分、コードやアダプターがいらないので荷物がコンパクトになります。また充電ケースはQi充電規格に対応しているので、Qi充電パッドを持っていれば、充電ケースを充電パッドに置くだけのワイヤレス充電が可能です。充電ケーブルの抜き差しも必要ないので、よりスマートに扱えます。


●置くだけ充電のカンタン取り扱い補聴器

 

シグニア最新のSignia XperienceシリーズのPure Charge&Go Xと、Motion Xの3器種は、「置くだけ充電タイプ」です。「置くだけ充電」は名前の通り、充電器にポンと入れるだけで正しい位置に収まって充電されるので、細かい作業が苦手の方におすすめの器種です。


Pure Charge&Go Xはコンパクトな「RIC型補聴器」で、チューブが細く目立ちにくく、幅広い聴力に対応しています。

Motion Xの3器種は「耳かけ型補聴器」です。耳の中に入る部分に機械類がないので、湿気や耳垢の影響を受けづらく、耳の中が湿りやすい体質の方や、耳垢が多い方に向いています。特にMotion Charge&Go P XとMotion Charge&Go SP X用の充電器は、乾燥・除菌機能付き。夜寝る前に充電器に入れると、充電しながら同時に乾燥・除菌してくれますので、より便利に清潔に使用できます。


Signia Xperienceシリーズの商品はこちら


シグニア補聴器は、いろいろな形状と機能の充電式補聴器を多種ご用意しています。あなたの聞こえや生活スタイル、お好みに合わせて選択することが可能です。充電式補聴器に興味がある方は、シグニア補聴器の2週間お試しプログラムを利用してみませんか。きっと、その使いやすさに納得していただけると思います。


シグニアの補聴器お試しプログラムはこちら

 

トップへ